戦え!!麻生ロボ      in English is below.

「麻生首相はヒーローになれるのか?それとも…」
「63%の日本人が高い削減目標を求めています。」
これは、日本の中期目標に対して、日経とフィナンシャルタイムズにでた広告記事です。

Aso Robot

特に、日経に掲載されたものは
「マンガ好きの麻生首相が見逃さないように、マンガ風にデザイン」されて、10日のビッグコミックの裏表紙にも掲載されるそうです(>_<)
麻生さんがマンガのヒーローになって、高い削減目標のロボットで気候変動と経済危機をやっつけるというとってもcuteでカッコいいデザインだと思いませんか♪

今日は、ボンの会議場でも、代表団にフィナンシャルタイムズが配られ、記者会見(webcastで動画が見れます)も行われ、日本のNGOはもちろん、世界中のNGOから、破滅的な結果を引き起こす気候変動を防ぐためには2020年までに先進国が25-40%の削減を行わないといけないというバリのCOP13で「科学的に」示された数値と、世界各国に与える日本の影響を述べた上で、日本が世界をリードする中期目標を設定することが求められました。

そこでは、同時に新たな世論調査結果も発表されました。以前に日本政府が行った世論調査では、世界の平等性の指標として限界削減費用(現状からの削減にかかる費用)のみをとりあげ、GHG削減にとりくんだ際の経済効果は計算されておらず(いわゆるグリーンニューディールと呼んでいたものなのに)、気候変動が進行した際に起こる被害も含まれていないのです。これは、学生の私の眼からみても偏った情報だけを与えた調査だと思いました。
もちろん、気候変動は多くの不確実性を含んでおり、必ずしもNGOが行った調査が正しいとは思いません。しかし、政府の調査でさえ-7%が求められていて、今回の調査では-25%もしくはそれ以上という結果がでたこと、世界からの注目度(最近の科学調査によると40%でも少ないという結果もあり、世界のNGOは40%以上を求める動きもあります)、世界への影響力をふまえると、経済界に従うのではなく、より強い目標を選択することが日本の「国益」になるのではないかと思いませんか?少なくとも、私はそう思うし、日本の経済界、ものづくりの技術は、初期コストが多少かかろうとも、それを達成できる技術力をもっており、達成可能なだけでなく、経済にとってもいい影響を及ぼすと信じています。

麻生首相が中期目標を発表するのは、この会議中になりそうという話を聞きました。日本が世界から拍手をうけられる状況になることを願っています☆

<主催NGO、より詳しい情報は>
WWFジャパン
http://www.wwf.or.jp/activity/climate/news/2009/20090602.htm
Avaaz.org
https://secure.avaaz.org/jp/japan_climate_poll/
気候ネットワーク
http://www.kikonet.org/research/mtt.html

 

“Aso: Japan wants a Climate Hero”

“63% of “Japanese voters want strong climate targets.”

These are ads in Today’s Nikkei-Japan’s biggest business newspaper-and Financial Times about Japan’s 2020 emission reduction target.

  

An ad in Nikkei features Prime Minister Aso as a manga comic character “Aso Robo”, who is fighting the twin monsters of climate change and recession.

“As Mr. Aso is renowned for his love of manga, the ad was designed in manga style to make sure he didn’t miss it.”(from “eco”) the ad also appear in the famous manga comic; Big Comic on 10th June.

It is so cool & cute 🙂

 

Today in convention venue, Bonn FT are distributed to delegations and Press Release is held (webcast). In press release, NGO from Japan and all over the world called on Prime Minister Aso to decide ambitious 2020 emission reduction target based on the scientific data which needs 25-40% reduction and the big influence on all over the world.   

 

The new Japanese poll conducted by internationally renowned polling firm Greenberg Quinlan Rosner is also appeared. This result is different from government one. 63% of Japanese voters want strong climate targets. I think government one is bit strange, because they concern only reduction cost from now. And they don’t mention about good financial effect and the damage of climate change. I also don’t think the new one is perfect. But the government one even said 7% reduction and the new one said 25% or more reduction. Moreover some scientists said more 40% is needed and Japan’s target has big influence on the world. So I think the strong target is best for our planet AND Japanese economic and society. What do you think???

 I also believe Japan’s industry has the capability and is able to get benefit by green activity.

 I hope the situation in which Japan be a climate leader☆

Advertisements