english is below,

麻生首相はこのスーツぐらい目立てた??
麻生首相はこのスーツぐらい目立てた??

「気温上昇は2度以内にとの認識共有。2050年までに温室効果ガス半減は合意ならず。」
7月の8日から10日イタリアのラクイラでG8サミット(主要国首脳会議)及びMEF(主要経済国フォーラム)首脳会合が開催されました。少し遅くなりましたがどんなことが起こっていたのか以下の5点からみていきたいと思います。

MEFの首脳宣言において
1、「産業化以前の水準からの世界全体の平均気温の上昇が摂氏2度を超えないようにすべきとの科学的見解を認識する。」と宣言に盛り込まれたこと。

2、「世界全体の排出を2050年までに相当の量削減するという世界全体の目標」と、50%ではなく相当の量というあいまいな表現になったこと。

G8首脳宣言において
3、先進国全体で、1990年又はより最近の複数の年と比して50年までに80%、又はそれ以上、削減するとの目標を支持する。

麻生首相の記者発表の発言より
4、「私からは、目に見える形で責任ある行動を取っていくことを約束をする途上国に対しては、日本は積極的に資金や環境技術、省エネ技術の協力を行っていきますとの方針を明らかにしています。」

日本の今後
5、7月14日の斎藤環境大臣の発表によると、日本として80%以上削減するための革新的技術を導入した長期パス(道筋)を、8月末までにまとめることを決めた。

まず、2度という数値は「確率」の問題で「不確実」であるということを改めて述べたいと思います。気候変動が起こるかどうかが不確実なのではなく、2度という数値が破壊的な危機を防ぐのに十分なのか、IPCCのシュミレーション通りに大気中の二酸化炭素濃度を445~490ppmに抑えれば2~2.4度の気温上昇になるのか、ということが不確実なのです。2度を超えたからいきなり大津波が起こる!というようなスイッチみたいなものではありません(笑)よって予想より何の問題もない確率もあるし、もっと悪くなる確率もあるということです。しかし、全体で共通の目標を持つというのは今後の交渉を前進させるために大切な一歩だと考えています。

2、3点目、世界全体で50%削減を合意できなかったことについて、日本のメディアは以下のような文章で報じていました。

G8は「世界全体で少なくとも50%削減」との数値目標の明記を目指したが、新興国が反発(読売
地球温暖化を巡る交渉の根底にある先進国と新興国との溝が、今回も埋まらなかったためだ(読売
結果的には新興国側が受け入れず合意に至らなかった(日経ネット
先進国と新興国の溝が埋まる兆しは見られず、合意は難しい情勢だ。(日経経済

やはり最大の論点としては「先進国と新興国との溝」です。先進国の「歴史的責任」と新興国の増加する排出量への「責任」といったところでしょうか。あとは、地球規模問題に対するG8の影響力の弱まりを指摘する記事も散見されました。さらには、G8として長期での80%削減と「野心的な」中期目標は十分なのかということですね。今回合意にいたらなかったのは先進国と新興国どちらのせいなのか…。とりあえず、日本が中期目標に関してやたら強調しているリーダーシップはどこにも見られないということだけは残念ながら間違いないと思います。
あとは、私もそんなにこだわっていないのですが、基準年についてさらっと流されていますね。実際に減らすのならどちらでもいいですが。(中期目標でもへたに“公平”とかいわなければいいのに…)
全部の問題に関わることですが基準年にしても責任にしても複雑に絡みあう問題のそれぞれの指標をそれぞれに都合がいいように(時には論理のすりかえを)述べるからわけがわからなくなってしまう。交渉の立場としては間違っていないと思うのですが、自分が考える時も惑わされないように気をつけないといけないと思います。

たとえば、温暖化問題解決には新興国の参加が不可欠ですが、それで先進国の歴史的責任が消えるわけではないし、2050年にさえ目標をまもればそれまで排出し続けていいということでもないと思います。経済的にもとがとれるのが5年から10年でも合意できないのにどうして削減目標はより長期しか合意できないのかとか思ったりもします。(急には減らせないという論理は、だから長期の目標をというだけでなく、だから早めから対策を始めないといけないという論理にもなるんですよ!!)

そして、気になったのは麻生首相の発言。上記の問題にもからむのですが、途上国に対してこの発言は問題があるのではないでしょうか…。そもそも、適応は未来に起こる温暖化のための資金と思っている人が多いですが、すでに現在その危機にさらされている国はたくさんあります。公害のときほどはっきり「日本」=加害者ではありませんが、まちがいなく先進国が加害者で途上国は被害者です。新興国の参加は必要だし多少の強い発言もあってもいいと思いますが、日本をはじめとする先進国はまず自分達の歴史的責任と多くの危機的途上国の「現実」を知るべきではないでしょうか・・・。
(日本はよく経済の「現実」をみないというふうにこの言葉を使いますが、国際的には途上国の危機的「現実」をさすことが多くその認識の違いを考えさせられます。)

そんなことをいっても経済危機が、負担がという話をよく聞きますが、資源に乏しい日本という国は「技術」で生き残るしかないのではないでしょうか。
すでにアメリカやヨーロッパが環境施術分野に進出をはじめ、日本はどう見ても出遅れています。経済危機だからこそ、環境という新たな価値と技術で経済を活性化させていくべきではないでしょうか。家庭への負担という話もありますが、まず中期目標の試算では経済成長が大前提となっていたこと、初期費用が高くても結局、数年使うことで総合費用は安くなることなどの正の面が考慮されていませんし、気候変動によって起こりうる集中豪雨をはじめとした被害の負の面も考慮されていません。
もちろんこれは「不確実」な未来の出来事です。しかし、私にはこのまま文句だけを言い続ける守りの姿勢でいるよりも、より多くの素晴らしい未来の可能性を含んでいると感じられます。

以上、私論をいろいろ述べてきましたが、みなさんはどう思われますか?抜けている視点や異なる視点などぜひたくさんお聞かせください。

最後に、サミットの成果を受けて、さっそく2050年で80%以上削減の道筋策定作業に入るようです。8月末といえば麻生首相は・・・。最近何かと騒がしい政治ゲームに惑わされず、私達の未来を担いうる意義のある審議が進むことを期待しています。

外務省成果文章(G8首脳宣言骨子

 

English summary
G8 summit (major country leaders meeting) and MEF (a main economic country forum) leaders meeting were started on July 8th to 10th. I focus on 5points as below.

In leaders declaration of MEF
1. “We recognise the broad scientific view that the increase in global average temperature above pre-industrial levels ought not to exceed 2°C.”

2. “-to identify a global goal for substantially reducing global emissions by 2050.” They fail to announce 50%.

In G8 leaders declaration
3. ”we also support a goal of developed countries reducing emissions of greenhouse gases in aggregate by 80% or more by 2050 compared to 1990 or more recent years.”

In the press release of Prime Minister Aso (in English)
4. “I have clearly enunciated Japan’s policy to extend cooperation in terms of finance, environmental technologies and energy-saving technologies actively to developing countries that commit to undertaking responsible actions in a tangible manner.”

The Japanese future
5.According to the announcement of the Minister of Environment Saito of July 14, they decided that MOE make a Japan’s long-term pass with innovative technology to reduce it more than 80% by the end of August.

At first, I want to speak that 2 degree is “uncertainty”. It is problem of “the probability.” It is uncertain whether a temperature rise is 2 to 2.4 degrees if I control atmospheric carbon dioxide concentration to 445-490ppm according to the simulation of IPCC and whether 2 degrees is enough for preventing a destructive crisis. It is not uncertain whether climate change occurs or not!
2 degree is not the definite switch which causes big tsunami suddenly. There is the probability to be no problem and there is the probability to worsen than expectation. However, I think that it is the important step for advance future negotiations to have a common recognition based on science.

The important point is “a ditch with developed countries and developing countries”. There are “historic responsibility” and “the responsibility” to the increasing discharge of developing country. Some articles point out weakness of the influence of the G8 for the global problem is appeared. Besides, the 80% reduction in the long term and the “ambitious” middle target as G8 are enough or not. It is true that the leadership of Japan is seen nowhere, although the government emphasis it in Japan.

And I focus on a remark of Prime Minister Aso. Of course we need some requirement for limited fund. But we developed country know our responsibility and current inequity firstly. Adaptation is not only for future but also for current situation. Some crisis is already happen in developing country.
(Sometime Japan say we have to take account of “the reality” of the economy, but globally “the reality” of the developing country is important. I think about a difference of the recognition.)

Economic crises and heavy burden are talked well in Japan now. But Japan survives by high “technology”, I think. Many approaches for preventing climate change make new technologies, new jobs and new good economy. This makes good effects for citizens too in long term. And we take account of the bad effects when climate change happens.

Finally, in response to the result of the summit, MOE begin to make a Japan’s long-term pass with innovative technology to reduce it more than 80%.
I hope this important deliberation advances without being confused by a noisy political game.

by eri.A

Advertisements